智の木協会は、大阪大学発の植物機能を生かす活動を推進する組織です智の木協会は、大阪大学発の植物機能を生かす活動を推進する組織です

智の木協会の法人会員樹花紹介

トップページ > 会員紹介


正会員(企業)

月桂冠株式会社 ゲッケイジュ(月桂樹)

コクヨ株式会社 タイサンボク(泰山木)

富国生命保険相互会社  (智の木選定中)

清水建設株式会社  (智の木選定中)

一般社団法人テラプロジェクト  セントポーリア  

 

湖畔
写真撮影:小林昭雄 オランダとある湖畔

 

 

 


正会員(企業)

月桂冠株式会社
ゲッケイジュ(月桂樹):
(英名:laurel 学名:Laurus nobilis L. )
ゲッケイジュとは−地中海沿岸原産。雌雄異株。葉に芳香があって古代から用いられた。ギリシア神話のアポロンとダフネの物語に由来し、ギリシャやローマ時代から神聖視された樹木の一つ。古代ギリシアでは葉のついた若枝を編んで「月桂冠」とし、勝利と栄光のシンボルとして勝者や優秀な者達、そして大詩人の頭に被せた。
コロッセオと月桂樹
new撮影者:小林裕子 ローマ コロッセオ(Colosseo) とゲッケイジュ
写真:ゲッケイジュ(月桂樹)
撮影者:山東智紀
月桂樹
new 撮影者:小林昭雄  ドイツ リンダーホフ城(Schloss Linderhof)    

(会員紹介詳細ページは準備中)

引用:「月桂樹」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2005年8月21日 (日) 21:19 UTC、URL:http://ja.wikipedia.org



正会員(企業)

コクヨ株式会社
タイサンボク(泰山木):我社の智の木への思い
(英名:southern magnolia 学名:Magnolia grandiflora L.)
タイサンボクとは−北米中南部原産。花期は5〜7月頃。20m以上にもなる高木であるので家庭での栽培には向かない。葉の表面には光沢があり、裏面は毛は密生しており金色に見える。よく、公園樹として使われる。
写真:タイサンボク(泰山木)
撮影者:山東智紀
(会員紹介詳細ページは準備中)

引用:「泰山木」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2005年8月21日 (日) 21:19 UTC、URL:http://ja.wikipedia.org

 

正会員(企業)

富国生命保険相互会社
(会員紹介詳細ページは準備中)

 

 

正会員(企業)

清水建設株式会社
(会員紹介詳細ページは準備中)

 


正会員(企業)

一般社団法人テラプロジェクト
newセントポーリア
(学名: Saintpaulia
セントポーリアは、多年草で花色として、赤、紫、青、白色などをもつ種が知られている。また、中間色をもつ種も見られ花色は多彩である。本花は、アフリカ、タンザニア地方のウサンバラ山地ではよく見かける花で、植物ハンターは十五種以上が自生しているのを見つけている。別名をアフリカスミレと言い、19世紀後半、ドイツ人、Walter von Saint Pauliaがタンザニア、ウサンバラ山地で発見し母国に持ち帰ったのが、今日のセントポーリアのルーツで、その後の栽培種改良の端緒となった。「社団」テラプロジェクトは、2010年、創設されて以来、室内緑化のメッカとなることを目指し、室内蛍光灯下、2000ルックス程度の光度で花芽を付け開花可能な植物種を探索してきた。その過程で、乾燥に強く弱光で生育可能であり、逆境に耐え愛らしい花をつける希少な存在として本植物が浮上した。
セントポーリア                          写真撮影:小林裕子
特に、紫色ビロード状の花には、清楚さと力強さを感じる。秋から初冬にかけて開花する花の乏しい時期、その優美な姿で「まちラボ」来館者を引き付ける。スミレの遺伝子を導入し、青いバラを作出したが、セントポーリアにも高貴な青色色素をつくる類似の遺伝子が存在するものと思う。弊社団の樹花、セントポーリアは、その発音の響きもよく、タフで、密集すれば豪華、単一では清楚さが感じられ、私ども同様その魅力に引き込まれる人は多いと思う。







Universal-Designed by IST Co.,Ltd.
Copyright (C) Chi-no-ki Society. All rights reserved.