ガーベラ

認定樹花|個人会員様
  • 木元 香織

英名・学名

キク科ガーベラ属

学名:Gerbera L.

解説

地中海地方が原産とされ、葉が小さくて硬く、比較的乾燥に強いことからスペインやイタリアなどの地中海地域で広く栽培されている。 多くの品種では自家受粉できない。DNAが同一の花粉には反応せず実をつけないことが多い。このため、オリーブは2本以上隣接して植えた方がよいとされる。 日本での栽培は香川県小豆島で1910年頃はじめて成功した。現在は香川県、岡山県などで栽培されている。

あわせて読みたい
ガーベラ - Wikipedia
ガーベラ - Wikipedia

コメント

当社のHeart O-Liveは、小豆島のオリーブ園で、葉緑が枝わかれして、ハート型になった葉を見つけると、幸せを呼ぶという話が気に入り、名前にいたしました。更に、オリーブはノアの箱舟で地球に戻った時にハトが口にくわえていたという神聖な植物です。生命力もあります。そこが気に入っている植物です。

寄稿:木元 香織

ギャラリー

写真撮影:青木 繁信