タラヨウ(多羅葉)

認定樹花|企業会員様

英名・学名

モチノキ科 モチノキ属

英名:Lusterleaf Holly
学名:Ilex latifolia Thung.

解説

雌雄異株の常緑高木。

別名、葉書(ハガキ)の木、モンツキシバ、ジカキシバ等。

関東以南と中国に分布。名前はインドで経文等に利用されたヤシ科のタラジュ(多羅樹)との類似性に由来している。

葉は互生で長楕円形をして大きい(長さ24 cm、幅 8 cm;最大)。葉は表裏共に無毛で丈夫なクチクラ膜を持つ。

表面は光沢のある硬い革質で濃緑色であるが、裏面は黄緑色で尖った物を用いてなぞるとその跡が黒く変色して文字が書けることから、「葉書の木」や「ジカキシバ」等と呼ばれる。

日本郵政公社では「郵便局の木(シンポルツリー)」としてタラヨウを定め、よく郵便局の敷地内に植栽されている。郵便ハガキとして実際に利用することが可能である。

また、防火性が高いので、古来我国では家屋の周囲に「火防の木(ひぶせのき)」として植栽してきた。

あわせて読みたい
タラヨウ - Wikipedia
タラヨウ - Wikipedia

伊藤家の家紋が「上り藤」なので、それに因みました。 本来、藤は下るのが一般的なのですが、家運が上るように、先祖が考えたようです。 

伊藤 昭

コメント

「思い」
ペンがなくても字が書けてしまう特殊な性質を持っています。タラヨウの芽は大きく、厚く長さ20cm程になる葉の裏面を傷つけると字が浮かびあがり字が書けます。タラヨウの木は「ハガキの木」とも呼ばれておりました。人に心を届ける木、まさに心に響くおいしいお米、おくさま印の木だと思います。

幸南食糧株式会社

ギャラリー