テイカカズラ(定家葛)

認定樹花|個人会員様
  • 大久保 智佳子

英名・学名

キョウチクトウ科 テイカカズラ属

学名:Trachelospermum asiaticum

解説

あわせて読みたい
テイカカズラ - Wikipedia
テイカカズラ - Wikipedia

コメント

テイカカズラは、 藤原定家が、恋した弐子内親王が忘れられず、死後もこの葛に生まれ変わり彼女の墓にまとったという謡曲「定家」に由来、また庭下(テイカ)の葛の意味によります。また、 「古事記」や「日本書紀」、「古今和歌集」などで「まさきのかづら」とよばれており、昔から人々の身近にあった植物です。5,6月に白い可憐な花を咲かせ、ジャスミンに似た芳香を漂わせます。園芸品種にはハツユキカズラなどがあり、現在も人々から愛されています。  一方、山野の林床では、実生が精一杯生きようとしている姿がよく見受けられます。地を這って、他の植物や岩にしがみついて、空に向かってぐんぐん登って行く。その姿に元気づけられます。

大久保 智佳子

伊藤家の家紋が「上り藤」なので、それに因みました。 本来、藤は下るのが一般的なのですが、家運が上るように、先祖が考えたようです。 

伊藤 昭

ギャラリー